返済が遅れた場合をプロミスで見てみる

プロミスで返済遅延をしてしまった場合ですが、まずは延滞利息がついてしまって遅れて返済する時に延滞利息分も支払う必要がでてきますのでちょっと負担額が増える事になります。また、返済遅延をしてしまいますと信用情報に記録されてしまいますのでそれが次のキャッシングなどの審査に響いてきてしまう可能性があります。

プロミスへの対応については、返済が遅れたらすぐに連絡をしてどう対応をしていけばいいのか聞きます。そうしますと新しい振込み日を指定してきたりしますのでその指示に従って振り込めば良いです。

もちろん延滞利息の額も聞いていくら振り込めばいいのかをきっちりと聞くようにします。何も連絡を言わなくても振り込んでほしい皆の郵便物が届きますのでそこに指定してある通りに振込みます。

ただし、郵便物を待つよりかはきちんと電話をした方が良いです。それによりあなたの申し訳ない気持ちが相手にも届きますので、貴方への評価が下がる事はあまりないです。数日の延滞であればそこまで響く事はないです。

しかし、再度指定された期日までに振込みができないとなるとかなりマイナスになってしまいますし、信用情報にも問題がでてきますのでプロミスを利用する際には注意しなければならないです。

スピーディー審査でキャッシング

今現在では昔と比べて、シニアの方々でも消費者金融を利用できるようになってきました。しかし、それに付け込んで高金利での融資を行われているという現状も少なからずあります。

信販系の消費者ローンと消費者金融系の消費者ローンと大きく二つに分けられますが、シニアも含めた一般の方々はこれらを区別することは難しい事です。安易に融資を受けられると言った利点はありますが、場合によってはその消費者ローンがある事により、他に必要な融資を受ける事が出来なくなり、必然的にまた高金利での融資しか受けられなくなってしまう事もあります。

シニア向けには国の制度で年金担保融資制度というものもあります。低金利で、銀行の窓口に問い合わせをすれば、どこでも取り扱っている者です。

それ以外に収入がある場合には、一般的なローンをお勧めしますが、手軽に融資を受けられる=金利が多少高くなる、銀行等の窓口での低金利商品を見つけることも一つの選択肢かもしれません。

ネットが普及していく中で、人件費等が削減となり低金利で提供するところが増えている中、それでも営業マンであったりが正確な情報を伝えないまま契約に至ってしまい泣き寝入りというケースも昔から件数的にはあまり変わっていません。

安易な融資を受けるのではなく、専門の銀行であったり、国の制度を利用していく事が安全だと言えます。

同じく消費者金融のモビットの返済について

モビットを利用していて返済期限をうっかり忘れてしまっていて期日を過ぎてしまった場合、どのような対応をとればよいのでしょうか。すぐに返済できる状況であれば入金をすればよいのですが、遅延利息がいくらになっているかを確認するのが大事です。

返済期日が大きく遅れていると遅延利息が多くなり、いつもの返済額では足りなくなってしまうことがあります。ですから一度連絡をして確認をしてから返済するのがよいでしょう。また、事情があってすぐには返済できない場合もあるでしょう。

そういった場合も、連絡をしていつまでに入金できるかを伝えることが大事です。そうするとその日までならいくら入金額が必要かを教えてもらえます。

ちなみに、延滞日数がかなり長期間にわたってしまうと信用が落ちてしまって追加の利用ができなくなってしまうことがあります。またあまりにも数多く延滞してしまうと同じく信用が落ちてしまって利用が停止してしまうことがありますので注意が必要です。

逆に言うと短期の延滞やたまにの延滞では信用が落ちることはそうそうないということです。

うっかり延滞した場合でも事情があって遅れる場合でも何にも連絡なく放置しておくのではなく、まずは担当者に連絡をして相談するのが良い対応方法といえるでしょう。